« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »

犬の夢

三谷幸喜の本の中で面白い話を見つけました。
寝ている犬の頭に布をかぶせると、その布に夢が吸い取られるので
今度はその布を自分の頭にのせて眠ると
犬が見ていた夢を自分も見れるという話。
アメリカ先住民に伝わる話だそうだけど、何とも不思議な話。

三谷さんは「月餅」の夢を見てとび(飼ってる犬)が
昨晩うらめしそうに台所にある月餅を眺めていたのを思い出して
納得したらしいんだけど、奥さんの小林聡美に
「月餅に興味があったのは、とびじゃなくてあなたじゃないの」とあっさり言われたんだって。
どちらの見た夢かはさて置き、面白そうなので私もやってみました。

うとうとするマーフィーにそっとハンカチを被せる私・・。
すぐ感づかれて迷惑そうな顔をして払いのけられました。。
夢すら吸い取らせてくれないのか、ケチ。
何度かトライしたけど、未だ成功せず。
誰か実践して結果教えてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

イタリアンにて

久々に新地にお出掛け。
以前新地にいて、東京に行ってしまったシェフが
久々大阪に戻ってきたという噂を聞いて早速食べに行ってきました。

聞きつけた人々で店は満員。そしてほとんど同伴・・。
奥の席では、見覚えのある串焼き屋のマスターがギャルを連れてご満悦。
自分の店に帰れっつーの。
それを横目に頂いてきました。

色々いい事書こうと思ってたんだけど、一言。
腕落ちた?ていうか食材が悪い?
一品目のお魚がすごーく美味しかったんだけど。
そこでやめておけばよかったと後悔。

二人で三品、ワイン2杯、シャンパン2杯で\14000。
不完全燃焼ーー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

京都・保津川下り

_107_108で、本日のメインイベント
「保津川下り」へ。
急な傾斜を小船がすごい勢いで滑り降りていくー
ていうのじゃない事は知っていたけど
ここまでのんびりした船の旅だとは。

まず冬なので、暖房船です。
ストーブがあって、屋根も窓ガラスもあります。
トロッコ列車は1月・2月は運休です。
船の中では、おじぃ、おばぁの宴会が催されていて
乾き物とビールがころがってます。
うかつにも何も用意していなかった私・・。
のんびり、ゆったり船は行く。航程1時間40分。結構長いです。
ボーっと、ゆっくりとした時間が過ごせました。野生の猿もいたよ。
やたら川岸にゴミが多くて景観が損なわれていたのが残念。
掃除してもキリがないのかもしれないけど
何とかならないのかなぁ。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

京都・鈴虫寺

_105天気もいいので
ブラり京都へ行ってきました。
途中、ギャルに大人気の巡礼スポット「鈴虫寺」の近くを通ったのでお参りに。


階段をググーっと登りつめたらお寺があるんだけど
本堂から階段の所まで、人・人・人の行列。
後からも続々と人の列。月曜なのにこの混みようにビビリつつ本堂の中へ。

行った事のある人なら御存知のこのお寺でのシステムは
お座敷でお茶とお菓子を頂きながら住職のお話(願い事の仕方等のレクチャー)→お守り購入→草履を履いたお地蔵様にお願い事をひとつ頼む
という流れなんだけど、以前の住職のお話での
「キムタクと結婚したい等のお願いはダメですよ」の部分が
「ヨン様と結婚したい等のお願いはダメですよ」に。ここでも韓流か。

これでも平日は人が少ない方らしいんだけど
土日は一体どんな事になってるんでしょう?恐るべし、鈴虫パワー。
でもそれだけ、みんな願い事がかなってるって事なのかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2月に向けて

ヴァレンタインバージョンにしてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

鞄の中は

_103「センセイの鞄 川上弘美」良かったです。
38歳の月子さんと70代のセンセイの
ゆっくりとした大人の恋愛ものなんだけど、独自のゆったりとした時間の中での二人のやりとりが、いい世界を出しておりました。
泣けたよ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

殴るぞ!6巻

_102また買ってしまいました。
今回は新キャラ「マスコットキャラクター君」がお気に入り。
レジに持って行く時恥ずかしいからとカモフラージュで持って行った本は「ONE PIECE」。
カモフラになってない?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美の伝道師

エステティシャンと、百貨店のBAと、皮膚科の女医さんは
肌が綺麗か美人じゃないとイマイチ信用できないワタクシ。
美へのプロフェッショナルだしさ。

その話を、○ビー・○ラウンで働いてる友達にしたら
「私達もブスの顔触るのマジで嫌ーー」と言われてしましました・・ひどい。

何が言いたいかといいますと、私の今通ってる皮膚科の先生が美人なのです。
実は皮膚科フリークな私。
老若男女、有名無名と色々覗いてきたけれど
最後は(今のところ)美人で落ち着いてます。
美人の言う事って何か説得力あるしなぁ。
これから毎週通う事にしたんだけど、騙されてる?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

あぁぁ

携帯電話が瀕死の重体です。
パカッと開けたジョイント部分が半分折れてて
うかつに開ける事も出来ない状態。開けれないので通話も出来ません・・。

でも一番の問題は、機種変したい電話が一切ないこの現実。
ツー○ーさん、何とかしてください・・。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

スローリー

_099スローフードが流行っているので(?)スローコスメにチャレンジしてみようと、先月から化粧品を変えてみました。

肌に優しい植物100%のコスメを使って
ゆっくり浸透させていこうという魂胆なのですが
なかなか良いです。
左から、ハンドクリーム、洗顔、ローション、リップバーム。
ローションはこの時期潤い足らずで失敗感があるのですが、洗顔は正解!

手のひらを顔に押しつけるように行う洗顔方法で、初めはこんなんで汚れ取れるの?
と思ってたんだけど、洗い上がりはしっとり。つっぱり知らず!
アーモンドの匂いも慣れればへっちゃら!
難点は、日本ではほぼネットでしか購入出来ないことですね・・。
(Dr.Hauschka フェイスウォッシュクリーム)
今話題のブラピやマドンナも使ってるんだって。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

デスノート

_100むちゃくちゃ面白い漫画を見つけました。「DEATH NOTE」大場つぐみ/原作、小畑健/漫画

死を操ると言われる「デスノート」を拾った天才高校生ライト。半信半疑ながらそのノートを使ったライトは、実際に人の死を目の当りにする。デスノートを使い凶悪犯を粛清していく決心を固めるライトと、追い詰める謎の探偵L。それを見守る死神リューク。


あらすじ書いても面白さが伝わらないなぁ。騙されたと思って読んでみてください!
これ少年ジャンプで連載されてるらしいんだけど
ジャンプもレベルが上がったなぁと痛感。
子供向けとは思えない。
死神が魅力あふれていい感じです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年

明けましておめでとうございます。
本年も何卒宜しくお願い申し上げます。ペコリ。

ご無沙汰しておりました。
いやはや、家でまったりしていると意外と文明の利器から遠ざかるもので・・。
空白の一ヶ月、旅行に行ってみたり、風邪をひいてみたり。

もうほぼ忘れてしまった感もある「シンガポール一人旅旅行記」アップしてみました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2004年12月 | トップページ | 2005年2月 »