« 大正ロマン | トップページ | ギャル志願 »

いつの時代も

050526_025039で、大正ブームに火がついて
「大正時代の身の上相談」を眠れない夜に読み始めました。
故きんさん、ぎんさんがまだ20代のころ
読売新聞に掲載された身の上相談の本なんだけど
大正時代の人の悩みっぷりは、かなり読み応えがあります

*接吻されて汚れた私
*娘の求婚者が醜いので断りたい
*植木まで消毒する夫
・・・
ちょっと書ききれないです

「中島らもの明るい悩み相談」は
真剣なのかふざけてるのか的悩みを
中島らもが天才的に答えていたけど
こちらの相談者はふざけて見えるけどみんな命がけです。
その命の体当たり?を真っ向から受け止め
且つ適切に素晴らしいアドバイスをする記者。

大正時代は素晴らしい

|

« 大正ロマン | トップページ | ギャル志願 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

さすが!読む本が違うわ。。。
貸して欲しいわぁぁあ。

投稿: tarage | 2005/05/27 23:00

了解!次会う時に持っていくずらー
はいからさんも読む??

投稿: kokko | 2005/05/28 03:24

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55270/4282919

この記事へのトラックバック一覧です: いつの時代も:

« 大正ロマン | トップページ | ギャル志願 »