« ピアノマン | トップページ | 読書三昧2 »

読書三昧

050912_004112「孤島の鬼」 江戸川乱歩著

久しぶりに根を詰めて読みました。
乱歩本は「「少年探偵団シリーズ」や「黒蜥蜴」が有名だけど
この「孤島の鬼」は、趣の違う切ない話でした。

読み終わって1週間たつのに、今だに読後感を引きずってます。

何というか、登場人物全てが切ない。
一人称の語りで物語は進んでいくんだけど
それぞれの人々の交差する想いや
見てはいけない世界を覗き見してしまった恐ろしさ
読み終わって心に残る悲しさ、
全てに飲み込まれるような感じ。

乱歩ブーム到来です。

ちなみに江戸川乱歩の戒名は「智勝院幻城乱歩居士」
かっこいいー!

|

« ピアノマン | トップページ | 読書三昧2 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55270/5900683

この記事へのトラックバック一覧です: 読書三昧:

« ピアノマン | トップページ | 読書三昧2 »