« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »

読み物

1月に読んだ本

「白夜行」 東野圭吾
*ドラマとはまた違う視点だという事で読みました。
でもドラマはビデオたまってるなぁ、面白いのかな?

「象は忘れない」
「ABC殺人事件」 アガサ・クリスティー
*昔読んだけど読み直してみました。
登場人物の名前がこんがらがるけど面白い。

「空中ブランコ」 奥田英朗
*前作「インザプール」の続編で、直木賞受賞作。

「ハワイで大の字」 小栗左多里&トニー
*ダーリンは外国人シリーズの最新刊。
夫トニーが好きだから買ってはみたけど・・。あんまり。

「増量 誰も知らない名言集」 リリーフランキー
*わざわざアマゾンで取り寄せて購入。普通の書店でも売ってるのかな?
名言満載だけど、個人的には「美女と野球」の方が好き。
東京タワーまだ読んでません・・。

そして1月のMVP
「しをんのしおり」 三浦しをん
*前に出てた本なんですが、私、初めてこの作家を知りました。
こんなにひとつの事から色々妄想できるなんて・・!!
例えば、ちょっと目に入ったレストランの厨房のシェフ4人も、彼女の妄想にかかれば
一瞬で○モ漫画の世界。妄想された方はいい迷惑か。
作者同い年という事もあり、共感できる箇所も多かったです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2005年12月 | トップページ | 2006年2月 »