« 2006年3月 | トップページ | 2007年7月 »

忘れていた旅行記 in シンガ 5

_183王子、久々の再会。
バカっぷりにも拍車がかかってて
リビングでくつろいでいると
トコトコ歩いてきて、ニヤリ。
目の前でシャーー(おしっこ)

家全体をトイレだと思ってるようです。
前はトイレで用をたしてたのに。
何故に退化?
バカ王子・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れていた旅行記 in シンガ 4(長い愚痴)

今回の旅でも、蟹食って鮑食べて、飲茶楽しんで美味しいものたくさん食べました。
で、旅の最終日締めの食事は何食べよーと計画立ててたら
マレーシアから遊びに来てた友人の旦那からの突然のお誘いで
旦那の会社の人と沖縄料理を食べることになりました。
え?なんで旅に来てまで沖縄?とも思ったんですが。

行ってみると、完全に接待の場に呼ばれただけでした。
商社駐在員のその旦那と会うのは初めてだったのですが
挨拶なし。
どの男が、友人の旦那かわかりゃしない。
出来上がった駐在員天国になってましたよ。

A嬢が以前から、絶対に駐在員と関わり合いにははならないと言ってたのですが
その理由がやっとわかりました。

まずあいつらは英語が出来ないくせにえばってる。
なんか海外に出ると自分が偉くなったと勘違いしてるみたいで
「イッツインポッシブルでしょー!」
と日本語英語で会話してるくせにイケテルと思ってるふしがあります。
野球のことをマレーシア人に英語で説明できませんでした。

次に奴らは(もう奴よばわり)会社のお金を自分のお金だと思っています。
海外営業所なんて小さい会社は2-3人で営業してるとこも多いので
お金の管理を一切まかされ大きな顔になってます。
使い込んでクビになる人多数らしい。ばかめ。

あと奴らは日本人はとても偉いと思ってます。
自分より下だと思う者にはどこまでもえばります。
会計になったのですがそれが奴らの予想金額より大幅に多かったらしく
早速店の人にクレーム。
結局店側のミスだったのですが、普通、良かった次は気をつけてくださいよですまない?

奴らはチンピラのように絡みます。
責任者呼んでこーい!と叫び、店長の腕をつかんでブンブン振り回しました。
で、責任者が出てきたら、ネチネチと嫌みを言います。
誠意を見せろと脅します。
平謝りの店長を店の奥へと引きずっていき、戻ってきたときホクホク顔。
大量のクーポン券をゲットした模様。
あさましい。

「どこまででも、○○様がおっしゃるなら頭を下げに行きます」
とうなだれる店長みてニヤニヤ顔。最低です。
そんなんだから、頼んだ日本酒に水入れられてても気づかんねん。
本当に水で薄められてたよ、出てきたポン酒。
奴らはうれしそうに飲んでたけど。

その後奴らは嫁をほったらかして、夜のお姉ちゃんのいる店へと消えていきました。
しかも奴らの会社の女の子はこちらに押し付けて。
勿論超飲酒運転で。事故れ。

あー、思いだしてもイライラしてくる。
その日は家帰って朝5時まで反省会(悪口大会)になったのは言うまでもありません。

駐在員全部がそうだとは勿論思いませんが
確実に私の駐在員の印象は悪くなったわ。
素敵な駐在さんに出会いたいものです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

忘れていた旅行記 in シンガ 3

_174_2
_172_1
結構広いです
ハウパーヴィラ。
そして想像以上の馬鹿っぷりに、デジカメの容量もどんどんなくなりました。

まず客はゼロ!貸切状態です。

めくるめくバカ彫刻の世界。脱帽です。
なぜこんなものを・・、と思う間もなく次から次へと目に飛び込むバカの数々。
写真はほんの一例なんだけど、ほんとにこんなのばっかが一歩歩くごとに配置されてます。

多分何か伝説とか童話とか、そんな話に基づいて彫刻制作してるみたいで、孫悟空の話や
虎の話っぽいストーリも展開されてるんだけど、私には理解不能でした。。
でもすごいことは良くわかったよ!胡兄弟のイマジネーションはすごいよ!!

_169と思ったら、いきなり相撲レスラー!
そうきたか!!

Howparvilla053うわー、助けてくれーー!!

Howparvilla065よー!
今日はどこ行く?

Howparvilla086いらっしゃーい!


まだ次に有料ゾーンの地獄巡りにも行ってきたんだけど
なんかちょっと違うなーと思ってたら、どうやら有料ゾーンは
胡兄弟が作ったんじゃなかった。
センスがないというか。

他の人が作ったジオラマを見てつくづく、胡兄弟の飛び出た色彩感、感性をリスペクトしました。
並の金持ちではあぁは出来まい・・。

私の稚拙な文章ではあのすごさを表現できないので
また機会があって馬鹿バカしいものが好きな人はゼヒ足をお運びください。

ちなみにA嬢は二度と行くかと怒ってましたよ・・。

ところで偶然シンガポールのテレビ局がドラマの撮影で来てました。
かなり有名なコメディアンらしいんだけど
当たり前だが知らない・・。
キャーキャー騒いでサインもらわないと失礼だったのかしら。


| | コメント (2) | トラックバック (0)

忘れていた旅行記 in シンガ 2

_166_167

今回の旅最大の目的は
シンガポールのパラダイス?「ハウパーヴィラ、虎豹別墅」に訪れることだったのです。
ガイドブックにも載ってないこの庭園は、塗り薬「タイガーバーム」で有名な胡文虎と胡文豹兄弟の建てた豪邸が元の姿なんだけど、なんだかんだと彫刻が増え、色々あって現在のテーマパーク?になったらしいです。
一説には、シンガポール最低の観光地だと・・。

それは行ってみなくては!!

で、嫌がるA嬢を説得して雨の中行ってまいりました。

A嬢の彼所有の運転手付きデラックスカーまで出動させ
行った先が最低観光地。
運転手のマレーシア人も苦笑いです。
リッツホテルで優雅に午後のハイティーを楽しむために
ちょっと綺麗めの格好をしてたので
そのギャップもばかばかしいです。
仕方がない、旅人には時間がないのだよ。

そして郊外のハウパーヴィラに到着・・。(次へ)


| | コメント (0) | トラックバック (0)

忘れていた旅行記 in シンガ 1

すっかり忘れてたのですが、私またシンガポールに行ってました。
デジカメの写真整理してて思い出した。

例のごとく現地在住のA嬢の家にころがりこんだのですが
毎回「金はないが、これでちょっと泊めてくれ」と渡す貢物に頭を悩ませます。

で、今回の持参品は「大和和紀」の漫画全集。
絶対持ってないであろう「NY小町」知ってる?懐かしいっす。
「ヨコハマ物語」と迷ったけど。あれは名作です。
あと、ドラえもん全集と一条ゆかりのエッセイ。
子供のおつかいのようなラインアップ。
気に入ってもらえたかは不明。

お礼に?叶恭子の「3P トリオリズム」もらいました・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年3月 | トップページ | 2007年7月 »