舞台あれこれ

先月と今月は、
何かにとりつかれたかのように
舞台を観に行っています。

しかもひっどい風邪をひいてたので
咳が止まらない最悪の状態なのに。
ここ一年分の消費量のど飴を、5日間で食いつくしました。
飴玉を鞄に忍ばすおばちゃんの気持ちが良くわかった。

その名残でいつでも私の鞄には飴が入ってるので
欲しい人は言って下さい。


松竹座にて「紫式部ものがたり」

*大地真央主演のどたばたミュージカル。
 前の方の席だからよく見えたのですが
 ほんとに皺ひとつない美しさ。
 舞台担当メイクは嶋田ちあき。
 パンフレット買ったら、大地真央がCM出演してる
 化粧品のサンプルがもらえるという、宣伝もばっちり。
 買ってないけど。
 別の日に行った祖母と叔母は
 隣の席がシャンパンな旦那さんだったらしい。
 仲が良いですね。

 SAYAKAも出てましたヨ!酒井美紀と升毅も。


神戸オリエンタル劇場
Kentaro Kobayashi Solo Performance
 Live Potsunen 2008 『Drop』

*理想の人を見つけました。
 小林賢太郎です。
 今、熱に冒されているので何を言っても無駄です。
 誰も何も言わないだろうけどさ。
 お笑いをしかも一人で病気で観に行ったのは初めてでしたが
 もうハートにズキューンです。
 誰もみなまで言うな。


宝塚月組「ME AND MY GIRL」

*ハッピーエンドほのぼのミュージカルです。
 ただ頭の悪い私はあちこちでチケットを頼んでいたので
 結局4回観に行くことになってしまいました。
 もう台詞を覚える気持ちで取り組んでいきます。
 あと3回・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

トットな日

憧れの人、黒柳トットちゃんに会いに行きました。
「リグレッツ・オンリー 万障お繰り合わせの上お越しください」

古谷・金田一・一行や、石田ひかりも出てました。

これで通算3回トットちゃんを見たことになり、
美輪様と並びました。だから何とかはないんですが。

内容がゲイの話だったので、
会場を埋め尽くす高齢者の皆様はついてこれたのか少し不安でしたが、
最後はスタンディングオベーションで
何度もカーテンコールで姿を現すトットちゃんが可愛かったです。

号泣していたおばちゃんカップルもいて、釘付け・・。

余談ですが、その日阪急で見かけた
ケミストリー似の若いゲイのカップルが
非常に仲むつまじくて羨ましかったです。

エスカレーターに並んで、お互いの頭と頭をずっとゴッツンコしてました・・。

名前は「のぶお」
超甘えん坊!

これ、普通のバカップルならめっちゃむかつくのに
腹が立たないのは何故だろう。

ゴーゴー!のぶお!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アデュー

今月の宝塚
「花組 アデュー マルセイユ」と「ラブシンフォニー」
アデューですよ。

この公演でトップスター、春野寿美礼さんが退団するので
その意味も込めて「アデュー」

ダンディーな主人公が、無実の罪で牢屋に入れられるのですが
そこに現れたのが、国際秘密警察の警部。

秘密警察に君も入らないか、条件は孤独に耐えれて秘密を守れることだ
って誘われ、ダンディーが一言。

「孤独と秘密・・・。どちらも親しい間柄だ」

で、次の場面ではピストル持って踊ってるのです。
キャー、ダンディー!(アホ?)

ザッツ宝塚、わかりやすい話でした。


よくわからないと思いますが、いいんです。
興奮してさっきチケットまた取ったので
今度は一人で観に行きます。

止めないでくれ、アデュー。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

乙女当選

ライフワークのように宝塚歌劇を観に行ってます。
やたら宝塚駅周辺の店にくわしくなってしまった。

今回は月組の公演。
月組は初めて観に行きましたが、好感触。
良かったです。
あんまり良かったので、明日一人で当日券求めて
もう一回行こうかなと思ってるぐらいです。
熱しやすいタイプなので。

今回は舞台の休憩時間に抽選会が行われて
座席番号が読み上げられたら当選っていうやつだったのですが

当たりました、しかも一等。

知らない人から拍手されたり、祝福の言葉をかけられたり
恥ずかしかったです。
でもありがとう!

普段からクジ運は、まぁ良い方なのですが
人生で一等が抽選で当たったのは初めてかも。
スポンサーの偉い人から名刺もらったり
何だか仰々しい当選でした。

母に
「あんたクジ運本当に良いよね、他は悪いのに」
とありがたくない言葉をもらいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

行ってきました

トークショーの話。
会場にギリギリで到着したのですが
ホールは女・女・女で埋め尽くされてて異様な熱気でした。
で、ついに御大登場!

「こんにちは、江原啓之です」
つかみもOK!

衣食住についてのテーマで
ノンストップ2時間、ずっと立ちっぱなしで話をされてました。

会場がでかいので、大型スクリーンがふたつも用意されていて
ドアップ御大に圧倒されつつ
お話聞かせていただきました。

御大、肉をほとんど食べないそうで
そのせいか、たるみはあるけど皺はないそうです。
肉はダメか、やはり。。

途中、前の席で望遠鏡で覗いてる人に怒ってみたり
とある芸能人を名指しで毒を吐いてみたり
飽きさせることなく、ショーは幕を閉じました。

お土産はオバジのシートパック。

ドレスアップした女や着物の女がいるかと思えば
あまりにもラフな格好の女もいたり
周りの女子の様子にも釘付けでした。
全国あちこちからこの日のために駆けつけた模様。

最後に
予告どおり、黒と灰色の服を着ていると
貧乏神や疫病神を寄せ付けるので
着るなとの事です。
着る時は宝石をいっぱいつけなさい!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒は着ちゃだめらしい

愛のトークショーチケット
ヤフオクで2万円近くの値がついてました・・。

何だ、この人気は。

ミクシィでは、会場に何着て行くかで盛り上がってましたし
女子の心をがっちりキャッチしてるね、美輪様。

何でもいいっつーの。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

愛のトーク

070723_233716
当たりました。
2年ぶりの美輪様ワールドです。

誰か誘おうと思ったのに、
ペアご招待じゃなかったみたい。


一人で・・、か。
1000名ご招待なので
1000人の美輪様好きなお一人様たちが
リッツに集合します。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

アールヌーヴォー

051208_215722051220_020259
サントリーミュージアムで行われてる「ミュシャ展」に行ってきました。
繊細で美しいの一言。
キレイでした、女子ならみんな虜になるのでは。
四季を女性像でかたどった有名な「四季」シリーズも展示されてました。
しかし、あんなに小さいとは。
ルーブルのモナリザといい、実際見てみないと大きさってわからないものですね。

で、一気にミュシャ熱が高まり、購入した食玩「ミュシャ」。
海洋堂は本当に良い仕事するねー!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

降臨

「黒蜥蜴」で心に火がつき、「美輪明宏講演会」にALONEで行ってきました・・
会場は大阪・西梅田。
うっかり遅刻してしまい、ぶっ殺されるかと思いましたが
怒られることもなくコソコソ席につけました。

そこはめくるめく美輪様ワールド
2時間ちょいノンストップトーキングです。
客層は大半が悩める女性で、着物の人もちらほら。
笑うところは笑う
美輪様が歌ったら拍手
みんなツボをしっかり押さえています

「でかい家を建てた人は5年以内に必ず不幸が訪れる」
「美人はろくな死に方をしないからあなた達はよかったわね」
「○木○子の番組を見るのは目からウンコをだすのと一緒」
等々
いやはやすごい迫力、オーラ(本当に紫のオーラが見えた!)体験ができました。

ただ、「今、私の話を聞いて笑わなかったあなたは下痢よっ!」
と笑わない私に向かって言われたような気が・・
私は下痢なんや。。

最後、花束・プレゼントを持った女達が20人ほど舞台まで駆け寄り
ちょっとしたアイドルのコンサートみたいでした。
いやぁ、語りつくせないわ。

講演会に行ってる間に待っててもらった友達は
「ブレンダ Aloha To Zen」美人モデル、ブレンダの写真集を購入してました。
お値段は講演会費用とほぼ一緒。
どちらが美に近づき、得したか喧嘩になりました・・

| | コメント (0) | トラックバック (0)

黒蜥蜴

3c59fd41f6e8b1855c9d0fa0cd49ad8c_s美輪明宏さんの舞台「黒蜥蜴」を見に行ってきました。
休憩も入れて全4時間!
久々に長いお芝居を見たという感じ

美輪さんは圧倒的な存在感でしたよ、やっぱり。
舞台装置がすごくって。

最後に恐怖美術館で明智探偵と対決するんだけど
その絢爛豪華な金の輝きに目がチカチカ
白いドレスの美輪さんはデコルテも背中もツルツルで
羨ましかったです・・。
明智探偵役の高嶋(兄)も実際みるとカッコいい・・
たまに弟顔に見えることもあり兄弟の血を確認。

美輪様が舞台に現れると何かお香のような香りが場内に漂ったんだけど
あれは香りの演出だったのかな。
でも一番心に残ったのはカーテンコール。
場内を包む美輪オーラにスタンディンオベーションでした

直筆サイン入り本も購入して美輪様パワーを少しでも頂戴したいと思いました

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧